【4】通貨分散

4.相関係数とポートフォリオ

サイトマップ【4】通貨分散サイトマップ

相関係数とは

 様々な通貨ペアの値動きを追っていくと、同じように動く通貨ペアがあったり、まるっきり逆に動く通貨ペアがあったりします。

 同じように動く通貨ペア同士の値動きを、『相関がある』といいます。
 違う動きをするものを『相関がない』『逆の相関がある』といいます。

 相関係数とは、このような相関関係を数値化して、比較できるようにしたもののことです。
 1.00〜-1.00で表されます。

相関関係 相関係数 説明
正の相関(順相関) 0〜1.00 1.00に近いほど、正相関が高い(同じ動きをする)
無相関 0 まったく無関係な動きをする
負の相関(逆相関) 0〜-1.00 -1.00に近いほど、負相関が高い(逆の動きをする)


相関関係一覧表

 検証期間2003年10月17日〜2008年10月16日

通貨ペア USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY NZD/JPY AUD/JPY CHF/JPY ZAR/JPY USD/CAD CAD/CHF EUR/USD EUR/GBP
USD/JPY 1.00 0.312 0.726 0.487 0.397 0.25 0.455 -0.161 0.693 -0.307 -0.515
EUR/JPY 0.312 1.00 0.771 0.776 0.949 0.981 -0.382 -0.874 0.562 0.807 0.476
GBP/JPY 0.726 0.771 1.00 0.802 0.794 0.708 0.101 -0.558 0.658 0.313 -0.191
NZD/JPY 0.487 0.776 0.802 1.00 0.875 0.726 0.012 -0.665 0.617 0.472 0.085
AUD/JPY 0.397 0.949 0.794 0.875 1.00 0.905 -0.255 -0.843 0.652 0.703 0.359
CHF/JPY 0.25 0.981 0.708 0.726 0.905 1.00 -0.408 -0.879 0.501 0.831 0.535
ZAR/JPY 0.455 -0.382 0.101 0.012 -0.255 -0.408 1.00 0.367 0.165 -0.67 -0.738
USD/CAD -0.161 -0.874 -0.558 -0.665 -0.843 -0.879 0.367 1.00 -0.702 -0.781 -0.575
CAD/CHF 0.693 0.562 0.658 0.617 0.652 0.501 0.165 -0.702 1.00 0.137 -0.042
EUR/USD -0.307 0.807 0.313 0.472 0.703 0.831 -0.67 -0.781 0.137 1.00 0.808
EUR/GBP -0.515 0.476 -0.191 0.085 0.359 0.535 -0.738 -0.575 -0.042 0.808 1.00

 こんな感じで、それぞれの通貨ペアには、相関関係があります。

 そして、これは、固定された関係ではありません。時間が経過するにつれ、変化していきます。今まで負相関が強い関係であっても、6ヵ月後に計算したら、正相関になっていた、なんてこともありえます。


相関係数の計算方法

 エクセル関数の CORREL を使います。

 計算結果を表示したいセルに、
    =CORREL(A2:A1250,B2:B1250)
 といれます。

 ただし、( )の中は、適当に入れてあるので、あなたが、実際にデータを貼り付けたセルの範囲を入れます。

 米ドル/円と豪ドル/円の相関係数を計算したいときを例に説明します。

 A列には、米ドル/円。B列には豪ドル/円のデータを貼り付けます。

 A2〜A1250まで、ずらっとデータ(米ドル/円の1日の終値)を貼り付けたとします。
 同じくB列にも、豪ドル/円のデータを貼り付けます。

 A1のセルに、=CORREL(A2:A1250,B2:B1250)を入れれば、相関係数が計算されます。

 ちなみに 為替レートのデータは、
    Infoseekマネー>為替>時系列
    http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/fxlast/
 から、取得できます。ただし、データが取れる通貨ペアの種類は、多くありません。

 OANDA.com(http://www.oanda.com/convert/fxhistory)では、豊富な通貨ペアのデータが取れます。
 ただし、英語サイトです。
 さらに取得データは一度「メモ帳」へコピーし、そのファイル名を「.csv」に変更する必要があります。変更した「.csv」を開くと、エクセルにデータが表示された状態で見ることができます。

 というように、面倒なので、OANDA.comを利用したい方は

 ローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用

 をご覧下さい。HV、相関係数、VaRなど、エクセルを使った計算方法が詳しく載っています。


ポートフォリオとは

 ポートフォリオとは、分散投資した資産の組合せのことです。

 このページでは、複数の通貨ペアの組合せの意味で使います。

 先ほどの相関係数から、負相関がある複数の通貨ペアを選びましょう。

 それにより、あなたのポートフォリオは、為替変動に動じないようになります。
 つまりロスカットされにくくなるわけです。

 その反面、為替差益を得ることは難しくなります。

 これは、スワップ金利益を稼ぐことのみを考えた資産運用になります。

 たとえば、ZAR/JPY(南アフリカランド/円)はスワップ金利が高いことで、スワップ派に人気があります。
 これと、逆相関がある通貨ペアは、EUR/JPY(-0.382)、AUD/JPY(-0.255)、CHF/JPY(-0.408)、EUR/USD(-0.67)、EUR/GBP(-0.738)が挙げられます。スワップ金利(目安)も載せて表にしました。

通貨ペア 相関係数 スワップ金利(円)
※買いポジ、1万通貨単位
為替レート
※2008.10月中旬
為替レートを1通貨=100円
に換算した時のスワップ金利
ZAR/JPY 1.00 42 10 420
EUR/JPY -0.382 161 136 118
AUD/JPY -0.255 188 70 268
CHF/JPY -0.408 64 89 71
EUR/USD -0.67 92 1.3400 68
EUR/GBP -0.738 -46 0.7700 -34

 さて、この表を見ただけでも、通貨分散のイメージが広がります。

 ZAR/JPYとAUD/JPYには、逆相関があり、しかもスワップ金利が増える…、これは、すごいことになるのでは?
 と考えるでしょう。

 もう少し、詳しく次のページ(5.複数通貨ペアのボラティリティ)で説明していきます。




【0】概要と意義

【1】運用方法の基本

【2】FX口座比較と初心者の始め方 

【3】通貨ペアと各通貨

【4】通貨分散

【5】経済の基本原則

【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)

【7】想定外の対応



トップページへもどる→ 初心者のFX外国為替証拠金取引

相互リンク募集中→ 相互リンク

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較

相関係数 分散投資とは:ポートフォリオ


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.