【4】通貨分散 > 4.相関係数とポートフォリオ

4-1.相関関係

サイトマップ【4】通貨分散サイトマップ

相関関係とは

 FXの通貨ペアの動きを調べると、同じような動きをしている通貨ペアがあります。

 それとは、まったく逆に、反対の動きをする通貨ペアもあります。

 これらの動きの関係性を、相関関係といいます。


相関関係は数値で表す事ができます

相関関係 相関係数 説明
正の相関(順相関) 0〜1.00 1.00に近いほど、正相関が高い(同じ動きをする)
無相関 0 まったく無関係な動きをする
負の相関(逆相関) 0〜-1.00 -1.00に近いほど、負相関が高い(逆の動きをする)

 相関関係は、為替リスクを管理するための指標として利用されます。

 逆相関のある通貨ペア同士なら、為替リスクを減らすことができます。

 そして、正の相関であっても、為替リスクを減らすことができるのです。

 スワップ金利を稼ぐ長期投資家は、このような性質を利用して、複数の通貨ペアを保有しています。


最適な通貨ペアの組合せ

 相関関係から、最適な通貨ペアの組合せを見つけましょう。

 前のページ【4.相関係数とポートフォリオ】で少し説明してあります。

 相関関係の計算方法も掲載しました。
 自分で、一番良い通貨ペアを探しましょう。



元のページ【4.相関係数とポートフォリオ

相関関係 ポートフォリオ作成A 通貨分散の長所短所

トップページ【初心者のFX外国為替証拠金取引】 相互リンク募集中【相互リンク

【4】通貨分散

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.