【4】通貨分散

2.ヒストリカル・ボラティリティ(HV)の計算方法

サイトマップ【4】通貨分散サイトマップ

ヒストリカル・ボラティリティ(HV)とは

 ヒストリカル・ボラティリティは、変動率を表します。これを単に「ボラティリティ」ということも多いです。

 過去のデータ(為替レート)の分散ぐあいを知る指標で、いわゆる「標準偏差」のことです。
 過去データの集まりの平均値から、どれくらい離れているかを表す尺度です。

 現在の為替レートを平均値として考えると、今から1年間(年間変動率の場合)のレートの分散ぐあいが予測できます。

 たとえば、2002年1月10日〜2007年1月9日の5年間の「ある通貨ペアのレート」のデータを集めて、標準偏差を求めると、9.50%だったとします。
 本日が2007年1月10日だとすると、本日のレートを平均値と考えて以下の様な推測をおこなうことができます。

 @本日レート±9.50%の範囲に、今後1年分のデータの68.26%のデータが存在する。
 A1年後の為替レートは、本日レート±9.50%の範囲に収まる確立が68.26%である。

標準偏差(ヒストリカル・ボラティリティ)

標準偏差(±) 信頼区間
1.00σ(シグマ) 68.26%
2.00σ 95.44%
3.00σ 99.73%

 標準偏差は、σ(シグマ)という記号を使います。
 標準偏差と言う場合、1標準偏差のことで、1.00σという表記になります。

 標準偏差の2倍の範囲が、2標準偏差で、2.00σ。
 標準偏差の3倍の範囲が、3標準偏差で、3.00σ。

 信頼区間とは、全データの何割に相当するデータが該当するのかを%表示したもの。
 全データの何%のデータが存在するのかを表しています。


ヒストリカル・ボラティリティの計算方法

 表計算ソフト Excel (エクセル)を使えば、誰でも計算できます。

 HV(年率) =STDEVP(B3:B1250)*SQRT(250)

 この式 =STDEVP(B3:B1250)*SQRT(250) を表示させたいセルに貼り付ければ(打ち込んでもいい)、そのセルに、計算結果が表示されます。

 ただし、=STDEVP(B3:B1250)*SQRT(250) の下線を引いたところの(B3:B1250)は、適当なセル記号を入れたので正しいセル記号を入力しなくてはなりません。


 では、最初から順番に説明します。
  ※ ローリスクで年20%の複利運用! 初心者でもできるFXスワップ運用
    を参考にしています。詳しくは、この本をご覧下さい。
    HV、相関係数、VaRなど、エクセルを使った計算方法が詳しく載っています。

(1)為替レートデータを取得

 OANDA.com(http://www.oanda.com/convert/fxhistory)では、豊富な通貨ペアのデータが取れます。
 ただし、英語サイトです。
 さらに取得データは一度「メモ帳」へコピーし、そのファイル名を「.csv」に変更する必要があります。変更した「.csv」を開くと、エクセルにデータが表示された状態で見ることができます。

 パソコンに慣れていない人には、結構面倒です。そういう人は、やはり、上記の本をご購入頂き丁寧な解説をもとに計算してみることをおすすめします。

 通貨ペアの種類は少ないですが、Infoseekマネー>為替>時系列
 (http://money.www.infoseek.co.jp/MnForex/fxlast/)
 からも取得できます。
 その場合、いらないデータ(日付や高値・安値・始値)もコピーペーストすることになるので、必要ないデータは、エクセルに貼り付けた後削除しましょう。

 とにかく
 1日の終値データを取得します。

 それをエクセルに貼り付けます。

 A2〜Aデータ最後まで(今回は、例として、A2〜A1250までデータを貼り付けたことにします)

(2)前日比を計算

 B3 に計算式 =A3/A2 を入れます。

 この計算式を、B4〜B1250まで、コピーして行きます。

 すると、B列に、ズラ〜とデータが計算されます。

 これで B3〜B1250 に前日比データを取得できました。

(3)ヒストリカル・ボラティリティ(HV)を計算

 HVの計算結果を記入したいセルに

 =STDEVP(B3:B1250)*SQRT(250)

 を入れます。これで、計算完了です。
 ヒストリカル・ボラティリティの年間変動率を計算したことになります。




【0】概要と意義

【1】運用方法の基本

【2】FX口座比較と初心者の始め方 

【3】通貨ペアと各通貨

【4】通貨分散

【5】経済の基本原則

【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)

【7】想定外の対応



トップページへもどる→ 初心者のFX外国為替証拠金取引

相互リンク募集中→ 相互リンク

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較

ヒストリカル・ボラティリティ NZDの為替レートの動きの特徴


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.