【4】通貨分散

1.通貨分散とは?またそれは必要か?

サイトマップ【4】通貨分散サイトマップ

FX比較スワップ派口座 外貨FXで金利生活者 FX業者の口コミ評判 外為どっとコム評判 kakakuFX(カカクFX)評判 FX税金徹底解説 FX初心者のレバレッジ設定 旅行業務取扱管理者資格取得

通貨分散とは

 FX(外国為替証拠金取引)における通貨分散とは、複数の通貨ペアのポジションを保有することです。


通貨分散にどんな効果があるのか?

(1)為替変動率(ボラティリティ)を低く抑える効果

 為替レートは、どれかが下がれば、どれかが上がるようになっています。

 通貨ペアなので、米ドル/円の場合、米ドルが買われれば、円が売られます。
 ユーロ/米ドルの場合、ユーロが売られれば、米ドルが買われます。

 このように、円が買われれば、別の通貨が売られるのです。米ドルが買われれば、他の通貨が売られるのです。

 つまり、複数の通貨ペアを保有しておけば、ヤジロベーが、バランスを取るように、変動率(ボラティリティ)を抑えることができるというわけです。

(2)変動率(ボラティリティ)の低下で、高レバレッジ運用が可能

 変動率(ボラティリティ)=為替変動リスク
 なので、為替レートが動く事による、為替差損を抑えることができます。

 これは、逆に、為替差益を下げることでもあります。

 さて、複数の通貨ペアで構成される外貨資産(ポートフォリオ)は、変動率(ボラティリティ)が低いため、レバレッジを高める事が可能になります。

 たとえば、豪ドル/円だけの場合、変動率(ボラティリティ)は、10%程度。

 通貨ペアを一つ増やして、ユーロ/米ドルをポートフォリオに加えた場合、変動率(ボラティリティ)は7.5%程度になります。

 変動率(ボラティリティ)が下がり、ロスカットされにくくなった分だけ、レバレッジを高くすることができるというわけです。


(3)金利変動リスクを下げ、支払スワップの回避

 為替変動リスクを抑えるだけでなく、金利変動リスクを抑えることができます。

通貨ペア ポジション スワップ金利
豪ドル/円 買い 180円
ユーロ/米ドル 買い 80円
米ドル/カナダ 買い −30円
ユーロ/英ポンド 買い −40円


 豪ドル/円の買いポジションは、180円のスワップ金利を受け取れますが、オーストラリアと日本の金利差が逆転すれば、スワップ金利を支払わなくてはなりません。

 米ドル/カナダの買いポジションでは、−30円の支払になっています。これは、カナダの方が米国より金利が高いからです。

 それぞれの国の金利によって、スワップ金利は、「受取になったり、支払になったり」するのです。

 そこで、複数の通貨ペアを保有していれば、支払になる可能性を下げることができます。

 そして、逆に、受取れるスワップ金利を下げてしまうという欠点があります。
 リスク分散は、ローリスク・ローリターンになるのが普通です。


(4)日本経済不況へのリスク回避

 何故、FXで外貨を保有するのでしょうか。
 外貨を持つことで、円資産のみのリスクを回避したいからです。

 円資産のみの資産管理では、日本経済が不況になれば、資産を増やしていくことは難しくなります。
 銀行預金の金利が下がり、株価も下がるからです。
 その上、円安による物価上昇が起こります。

 今(2008年10月)の日本の状況にある程度、当てはまると思いませんか。

 景気の良い外国の通貨を保有していれば、これらのリスクを回避することができます。
 理論的には、下表のようになることを期待します。

経済指標 日本不景気 外国好景気 FX運用状況
金利 低金利 高金利 スワップ金利が高くなる
為替 円売り 外貨買い 円安になり、差益が得られる

 しかし、一つの外貨しか、保有していなければ、その国も不景気になれば、効果がありません。
 そこで、複数の外貨(通貨ペア)へ投資すれば、リスク回避の可能性が高くなるわけです。


通貨分散の必要性

 通貨分散を行うということは、ローリスク・ローリターンにするということです。

 リスク分散には、一方を上げれば、一方が下がるという側面があります。

 変動率(ボラティリティ)を下げるということは、為替差益が得難くなります。
 そのかわり、安全に外貨を保有しておくことができます。

 スワップ金利も受取と支払が相殺され、受け取れるスワップ金は少なくなります。

 ここで、運用率を上げるには、次の2点に注意が必要です。
  @変動率を下げた分、レバレッジを上げる
  Aスワップ金利が、なるべく減らないように、できれば増えるような組合せを考える

 こうすれば、運用率を高めることができ、やり方によっては、年率30〜40%を狙うこともできます。

 ポジションの決済を考えずに、スワップ金利のみを稼ぎ続ける方法としては悪くありません。


ただし欠点が一つ

 資産管理が複雑になることです。

 この通貨分散を実行するには、次のような統計学の計算が必要になります。

 @ボラティリティ
 A相関係数
 BVaR(バリューアットリスク)

 これらの統計学的手法は、過去のデータがもとになっています。

 歴史はくり返されるといわれるように、過去データを参考にする事は意味があります。

 しかし、残念ながら、過去データをもとにした予測は、正確なものにはなりえません。『概略』でしかないのです。
 過去を鏡に映しても、未来の映像が浮かぶ事はありません。

 @〜Bの計算処理を、当てにし過ぎてはいけません。
 このようなデータを目にすると、リスク管理が完璧に行える気になってしまいますが、実は、現実の相場の動きは、この計算結果を超えることがしばしば起きます。

 ですので、1ヶ月に1回は、計算しなおす必要があります。

 こまめなチェックが欠かせません。

 計算方法については、次のページから、エクセルを使った方法を説明していきます。

 ボラティリティは、計算できた方が便利です。通貨分散をしない場合でも、利用価値があります。

 通貨分散が必要か、必要でないかは、投資家本人が決めるしかありません。




【0】概要と意義

【1】運用方法の基本

【2】FX口座比較と初心者の始め方 

【3】通貨ペアと各通貨

【4】通貨分散

【5】経済の基本原則

【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)

【7】想定外の対応



トップページへもどる→ 初心者のFX外国為替証拠金取引

相互リンク募集中→ 相互リンク

相互リンク@ A B

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較
為替・投資関連姉妹サイト

FXの始め方 FXのリスクと魅力 FXの勉強-勝つ方法- 外貨・FX・外為の本 FX用語五十音 FX用語アルファベット スワップ金利比較 外貨FXどうでもいい話 資産運用ブログ-外貨FX投資編 FXで資産運用計画〜10倍にお金を増やす  インデックスファンドで資産運用 資産運用のための投資信託用語解説 初心者のためのFX外貨用語解説 分散投資web資産運用編 分散投資webFX(外国為替証拠金取引) 編 分散投資webインデックスファンド 編


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.


キーワードアドバイスツールプラス
ホームページ診断 by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録